寝すぎはニキビの原因になるって本当!?

寝すぎはニキビの原因となるって言われていますが、本当なのでしょうか?
MENU

寝すぎはニキビの原因になるって本当!?

 

 

 

ニキビできるのなんでだろうって考えた時に、もしかして寝すぎたのが原因かも!?って
 
 
疑問思う方もいますが、本当に寝すぎがニキビの原因となるのでしょうか?
 
 
寝すぎてしまうことで、ニキビができてしまうのかどうか調査をしてみました。

寝すぎはニキビ・吹き出物の原因にはなる

休みの日なんかは、寝だめするとも良く言われるように、8時間以上ずーっと寝てしまう方もいますよね。
 
 
 
よく眠るのはすごく気持ちいいことですが、実は寝すぎは身体には良くないと言われています。
 
 
 
寝すぎは寿命を縮めたり、血行不良、頭痛、だるさといった身体に様々な影響を及ぼし、ホルモンバランスも乱すためニキビ・吹き出物の原因となる可能性もあります。
 
 
 
 
寝すぎると体内時計がズレてしまい、ホルモンバランスが乱れて肌が荒れやすくなり、それに血行不良は新陳代謝を悪くさせるので、ニキビができやすくなります。
 
 

 
 
また、寝すぎは胃の調子も悪くさせるらしく、胃がちゃんと消化してくれないと老廃物も溜まりやすくなってしまいニキビもできやすくなってしまう原因にもなりますね。
 
 
 
つまり、寝すぎがよくないということですね笑
 
 
 
ニキビ・吹き出物だけでなく、身体の様々な不調の原因になったり、それに8時間以上長ければ長いほど早死にする可能性が高くなると言われているので、悪いことづくしです。
 
 
 
そのため、寝すぎないように気をつけないといけないですね。

睡眠は1日7時間がベスト

ニキビ・吹き出物を作りたくないのであれば、寝すぎるのはやめて、1日7時間の睡眠をとるのがベストです。
 
 
 
理想を言えば、夜10時に寝て朝5時に起きるのが身体的にはいいとよく言われてますが、そんなに早く寝れない人でも1日7時間寝るように調整した方が良いです。
 
 
 
7時間以下でも以上でも身体には良くないみたいですね。
 
 
 
適切な睡眠時間で、質の高い睡眠を摂ることで寝すぎる必要もなくなりますし、肌の調子も良くなるはずです。
 
 
 

 
睡眠はニキビ・吹き出物をなくす対策としてはとても重要な役割があるので、寝すぎている人は気をつけてくださいね。

ファンケルアクネケア

ヴァーナル

みんなの肌潤糖クリア

ニキビについてのコラム

このページの先頭へ